管理人は私劇団あとの祭り管理人のメモ

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
「書く」ということ 23:38
 5/20付 中日新聞 「エンタ目」北村想さんのコラムから


ココロに思うことが簡単にコトバにできるなら、
戯曲(や小説や詩)などは必要ではナイ。
それができない故に、何とかしてそれを伝えようと、
コトバをココロに近づけていく作業が『書く』ということなのだ。
| 気になる言葉 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by おおはら -
Comment








そんな言葉、あったねえ…
私は第三舞台にはハマらなかったからなー
今見たらもうちょっと理解できるかなあ

「伝えることをやめてはいけない」
なるほどキモに銘じます これも名言だ!
posted by おおはら | 2010/05/22 11:53 PM |
鴻上の戯曲にも
「言葉はいつも思いに足りない」
というのがあったな
書けない私はしゃべりまくるわけだ
手段は違えど伝えることをやめてはいけないんだよね
posted by たまおき | 2010/05/22 10:52 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>