管理人は私劇団あとの祭り管理人のメモ

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
小沢健二コンサート 東京の街が奏でる 第六夜 00:29
 小沢健二様のコンサートに行ってきました 東京オペラシティにて

オトナな空間のホールだった
天井はものすごく高く、かつ会場は広すぎない いいホールです
まだ新しいのかすごくきれいだったし

この場にいられることが幸せだーーーと心から思える時間でありました
こんな風に思える舞台はなかなかないもんなあ
とかいいつつ、知らない曲では意識が遠のくという毎度の状態を…本当にファンか私は

いやでも本当に幸せだったんだってー
だって今週ひとりカラオケで二時間小沢クンの曲のみを歌いきったくらいのテンションだったもの

***

ライブの時間が3時間半越え 堪能しまくり!
うれしいんだけど、終電が気になって気になって

途中で帰る人もけっこういたなあ気の毒に…
最近のライブはみんな長い傾向にあるらしいけど、やっぱり最後までいたいんだよね
そのヘンちょっとご考慮いただけないかなー 

以下、ライブの内容につき、ご注意のほど
 ***

このライブの冒頭は朗読から始まりました

その朗読で、十二夜すべて来るあるお客さん(今回のライブは12公演しかやらない)に対して


「1回来てもらえば伝わるように作ってあります。」

「僕はそんなに大事なものではないし、そんなにお金をかける必要はない。
他にもっとやるべき大事なことがあるはず」

「それはもっと大事な本当にやらなければならないことから目を背けているのです。」

「そういう人をライブでいじらないほうがいいとみんなに言われました。でも言います」

「1枚だけ残して、残りのチケットは他の人に譲ってください。
そのときに一緒にお茶でもしてください。そのほうがオザケンらしいでしょ。
そして、最終日に来てください。それでわかると思います」

言葉は正確ではないけど、こんなような内容のことを言ったと思う

けして怒ってるわけでも、責めてるわけでも、悲しんでいるわけでもなく淡々と朗読
こーゆーことを冒頭から言っちゃうのがすごいよなあとかなりビックリした
だってそのお客さんが目の前にいるのにだよ 

そしてこのあと3時間半にわたるライブ
すごい精神力だなあ


小沢健二サイト
| 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by おおはら -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>