管理人は私劇団あとの祭り管理人のメモ

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
映画 「演劇1」「演劇2」 23:58
 映画「演劇1」「演劇2」をみてきました シネマテークにて

平田オリザさんをずーっと撮ってる映画だと聞いてて
見たいと思ってたところに名古屋に来たことを聞いたので行ってみました

観察映画の名の通り、ナレーションも一切なしだった

あとは箇条書きで

***

・パンフによれば、1が「平田オリザの世界」、2が「平田オリザと世界」とのことで
まさにそんな二つのテーマにきっちりわかれてました
平田さんという題材が面白すぎるんだなあこれは(失礼に感じたらごめんなさい)

・昔、小室哲哉サンを「金勘定のできるアーティスト」と評してたように
平田さんもそんな感じなんだなあ 
もちろんしたくてしてるんじゃないでしょうから せざるを得ない状況というか

・青年団ってどういうふうに稽古してるんだろうと思ってたんだけど
なかなかすごい稽古風景でした
繰り返し繰り返し、みなさんの忍耐力と再現性のすごさによる舞台なんだなあ

・印象的な言葉
「演劇は楽しい 楽しくないなら何かが間違っている」

・政治家の言葉はどうしてあんなにウソくさくなるんだろう
私の偏見かなあ

・ひとつ3時間近くあるからいろいろ大丈夫かと思いましたが
見る分には長くなかった でも体が(主に腰が)痛い ひよわだ

***

この映画を見に来る人はどういう人たちなんだろうと思ってた
これは監督で見に来てるのかなあ

監督は想田和弘サン
ナレーションも何にもなくても、監督の意図は出るものなんだなあ 当たり前か

映画を見に行くときに監督を気にしたことがないんだけど
(メジャーな軽いのばっかりみてるから)
考えてみれば、芝居は作者や劇団で見に行くんだから、私がおかしかったんだな
| 映画 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by おおはら -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>