管理人は私劇団あとの祭り管理人のメモ

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
劇団四季「リトルマーメイド」 00:05

念願の劇団四季「リトルマーメイド」を見てきました

 

テレビCM等で見たあの舞台の上下空間を斜めにぶった切っていく人魚、

あれを生でぜひ見てみたかった!

 

もう相変わらずのすばらしいショー要素満載でした

人魚の姉さんたちとお付のエンジェルフィッシュ(?)が華やかに歌い踊る場面、

人魚のヒレや魚のひらひら布で水中を表現する方法、

カニのハラハラ感のかわいらしさ(この役者サン還暦すぎてるそう)

カモメのタップダンスのかっこいいこと

 

なんたって代表曲「アンダー・ザ・シー」!

このイントロがかかった瞬間の、あの会場全体のキター!というウキウキした空気感は

まさに舞台ならでは、最後の方、ちょっと感動してうるっと来たもん

四季はいつもどこかで本編と関係なく歌とシーンの作りだけで私を泣かせてくれます

あーもう年食ってよかった 若いときだったら多分斜めに見てしまっていたから

私も素直になりました(ほんとか?)

***

 

と、ほめちぎっておいてからの…

とはいえ、これは四季に対してというかディズニー映画に対してなんですけど

というわけでネタバレさせてもらいますけど 有名な映画だからいいよね

 

人魚姫が王子と結婚しちゃあかんやろ。

 

この一言ですねえ

私の人魚姫の話のイチオシは、姉さまたちが魔女に交渉して、姫にナイフ渡して、

王子殺して戻っておいでというところ

それを振り切って、王子様のために人魚姫が泡になる!

ここに燃える要素がつまってるんじゃないのかーーい!

それと、人魚姫が一歩歩くたびに、ナイフに刺されたような痛みが足に走るってのをカケラも見せず

王子様と軽やかに踊る!

燃えまくるわ!萌えてるんじゃないから

 

まあ、こんなことはいろんな人が思ってきたことでしょうし、

ミュージカル見て楽しく帰るにはハッピーエンドのほうがいいんでしょうけど

そうこれは人魚姫をモチーフにしただけの別の話、とわかってはいるんですけど

なんたって美しい人魚姫の話なだけに、モヤモヤは残ってしょーがない

 

とはいえ、美しい舞台で、見に行ったことにひとかけらの後悔もございませんけどねーー

 

人魚姫の舞台の私の一番は、やっぱ亜弓サンが滝の前で演じたアレ

あれは名シーンだね わかる人だけわかってくれればいいです(ガラスの仮面ね)

| 芝居 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by おおはら -
Comment








ディズニー版を見てたので覚悟はしてたんですけど、
やっぱり目の当たりにするとどうも…でしたね〜
子どもたちには、これはこれで、原作も知ってほしいなーと思いますね(^^)
posted by おおはら | 2017/07/19 12:08 AM |
ラストシーンについては私も同感です。
子供が観に来るからハッピーエンドなのかしら〜〜と思いましたが、世の中そんなに甘くないんだと教えることも必要だと思います。
あまりの拍子抜けで、感動できなかった(@_@)
泡になったらきっと泣けたんだろうな〜〜
posted by じゅんじ | 2017/07/18 1:20 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog1.after-p.sub.jp/trackback/1227920
<< NEW | TOP | OLD>>